表彰

インディカすソフトウェアが2017年度のTiE50スタートアップ賞を獲得しました

2017年5月、米国サンタ・クララ市カリフォルニア州にて開催された世界最大のテクノロジースタートアップカンファレンス「TiEcon」において、インディカスソフトウェアのContineoNXが世界中の2000社以上の中から権威ある「TiE50 2016 Winner」に選出されました。

 

 Tie Award

 

選出後、インディカスソフト ウェアの設立者ならびにCEOであるシルパ ヴァパリが「2017年度のTiE50賞 をいただけたのはとてもうれしく光栄に思っております。これはインディカスチームメ ンバー全員の品質・イノベーション・技術・そして会社としての製品に対するビジョンを達成するという熱意の成果です」と述べました。

2017年度のTiEconが、IOT、機械学習、FinTechセキュリティ、無人走行車、バーチャルリアリティ、ソフトウェア定義のインフラ、ドローン、デジタルヘルス等、世界中で話題となっている先端技術が含まれていました。TiE50の審査員が世界中から集めた2500社以上の会社を評価しました。

 

 TIE 50

TiE50の最終選考に残された会社さんを評価した監査員パネルには起業家、ベンチャーキャピタリスト、エンジェル・インベスター、CEOならびに技術専門家が含まれていました。また、主な評価パラメータは会社それぞれのビジネスモデル、知的財産のバリューならびにリーダシップチームの3つでした。

 

TiE50賞に関して

TiE50は、年に一度発表されるシリコンバレーの有名な賞で、世界中から集めたスタートアップテクノロジ会社が対象になります。世界一の起業家宛のカンファランスであるTiEconにてこの賞が発表されます。
TiEは世界中から集めた起業家及び専門家のノンプロフィットネットワークで起業家を推進させるグループです。TiEが世界中の技術起業家に対して、メンターリング、ネットワーキングならびにエジュケーションを可能にするプラットフォームを提供しています。
TiEのグローバルネットワークが61支部に分かれており、北欧米、アジア、ヨーロッパの18国から11,500会員が集まっています。

 2009年からのTiE50の実績を見ますと、84%の選出スタートアップ社が海外から何十億ドルの新規投資がもらっています。その内多くのスタートアップが買収や合併もされ、尚且つ公開有限会社にもなりました。毎年、世界一のTiEconカンファレンスにてTiE50表彰が発表されます。参加者のテクノロジースタートアップ社が数多くのベンチャーキャピタリスト、エンジェル、起業家のエコシステムにより恩恵を受けています。その他、投資者との引き合いやバーチャルショーケースならびに技術的な引き合いができるメリットもより沢山あります。

TiE50の詳細については、www.tie50.orgをご参照ください。