Genesys

GenesysPageSplash 1200

概要:

Genesysはソフトウェアプロジェクト向けの要求・設計をモデル化するモデリングツールである。本モデルを利用して複数のフェイズを通じて成果物が作成できる。また、既存のモジュールを使ってリバースエンジニアリングしながら要求モデルの分析も可能。

 

Genesysがどのように利用できるか:

  • モデリングツール:要求・設計をモデル化するに利用される。Genesysでは、モデルを次の様な様々なタイプ(種類)で表している: 御油無処理、機能処理、画面、イベント、データベースクエリ等 、モデル化に利用されたタイプは属性レベルにまでカスタマイズできる。モデル化に利用されたタイプはさらに属性レベルにまでカスタマイズできる。 カストマイズされたデザインはどの種類とも利用できる。
  • 処理に基づいた自動化ツール:開発手順が定義され、あるプロセス為の成果物が繋げる。各プロセスに適用するモデルの種類が指定できる。指定モデルから実現モデルまたは、もでるから成果物または、その逆等へ変換するトランスがカストマイズ自動化に繋げる本情報を利用し、Genesysがモデルの部分を利用して成果物が作成できるまた、逆に成果物からモデルも作成できる。
  • コード生成ツール:各フレームワークに対する手順及びコード生成プログラムが繋げるため、ウェブ、携帯、デスクトップなどのフレームワークが .Net、Java、PHPのようなプラットフォーム上定義できる。同じ要求モデルからどのフレームワークに対してもコードが生成できる。
  • 追跡可能性:モデルから成果物が自動化された際、その成果物のリンクをモデルでの種類のインスタンスと維持されている。このリンクはモデル・成果物に行った変更を追跡するに役に立つものとなる。

ModelingAuthoringTool