サービス

Services

ドメイン・技術知識:

 

アプリ保守サービス:

基幹のアプリケーション又は顧客に直面するアプリケーションやサービスに係っているビジネスの場合は、ITインフラストラクチャーが終始活動中であることは何より重要であり、システム上の問題を過ぎに解決する必要がある。技術の進歩とともに致命故障の可能性が広大に減少されているのに、全のITインフラが一定の対処を必要となる。弊社がお客様のITインフラを遠隔管理する為に費用対効果の高いを提供し、お客様のIT条件を全てサポートします。

 

Business Drivers:

  • 途切れないビジネス
  • アプリケーションの可用性を高める
  • 改善された資産活用
  • アプリケーションパフォーマンスの継続的な改善
  • シームレスな変更管理
  • 系統的な障害回復
  • 総所有コストの削減 (TCO)

 

目標:

  • ビジネスに不可欠なITアプリケーションを維持する
  • 採用が改善できるようにユーザを支援する
  • システムの可用性を高める
  • ユーザ・管理者向けの訓練
  • システムパフォーマンスの継続的な改善
  • 複数のベンダーのアプリケーションを管理する

 

プロセス:

AMS Graphic1

 

お客様専用ODC:

各事業部でコストに対する意識が高まっているこのグローバル化時代では、社内アプリケーション開発部門があっても採算が合わない場合があります。

のみならず、間接費や管理責任も抱えながら、エンドユーザにより効果的なサービスを提供出来なくなる可能性があります。お客様のこの問題を解決するために、当社がお客様専用のオフショア開発センター(ODC)を提供いたしております。
このインド国内(プネ市)に設立された開発センターで、最先端のIT技術及び業務を熟知したエンジニアがお客様企業専任で行事し、お客様のあらゆる技術課題に対応して行きます。IT関開発及び保守業務をインソーシングすることにより、必要に応じて人員が増減でき、コスト制御が柔軟に行え、リソース管理の手間も省けます。さらに、業務に特化した、先端技術を駆使したチーム構成で、現地から日本語で対応させて頂きます。この様なオフショア化によるコスト節約もお客様の利益拡大に繋がるで しょう。

重要な利点:

  • 初期投資無し(又は非常に少ない):当社の既存のインフラーならびにチームを利用して、リリースまでの時間の短縮のみならず独自の開発部隊を設ける為に必要な費用も削減可能です。
  • コアビジネスを重要に:お客様が技術的な課題をすべて当社に任せて頂き、お客様自身のスタッフがコアビジネスに焦点を置くことが実現できます。
  • 非常にフレキシブルなモデル:お客様のニーズによって、投入人数又は、チームの体制や技術力のバランス等が柔軟に調整可能です。
  • 非常に低いランニングコスト:開発作業はコストの低い、効率的な場所で行われている為、ランニングコストが極端に削減可能です。
  • 熟練者の世界:インドにODCを設立することは、技術的に優れた人材の増え続ける世界への入り口にすぎない。お客様の技術的なニーズを満たせる人材が不足することはありえない。
  • 間接責任無し:チーム管理に関する一切の責任は当社で対応するので、人事・総務的に管理責任を引き受ける必要が無い。
  • 完全な協調:システム構築のすべての工程では(設計・実装・テスト・構成管理・資料作成等)、当社で利用しているCMMI準拠のプロセスを適用することも可能だが、お客様が通常活用している開発プロセスをオフショア側に適用することも可能です。お客様のチームとオフショア側のチームがシームレスに一体化して稼動します。

 

カスタム・ソリューション:

市販のパッケージソフトだと、お客様のすべてのビジネスニーズを対応することができない場合があります。このような場合、お客様の業務フローや課題をすべて網羅したカスタム・ソリューションを独自に構築するのが最も効果的です。弊社の各種技術且つCMMIレベル3の専門知識がここで役に立つものとなります。

当社では、多様な分野のお客様のためカスタム業務システムの構築を専門にしております。お客様の業務の効率化及び見える化、コスト削減、品質向上、競争力、コンプライアンスなど多くの課題を抽出し、先端技術を適用した最善なソリューションをご提案いたします。お客様のビジネスの価値を高めるため、長年に培ったソフトウェア開発経験を元に、システムの構想化・設計・実装・導入および保守対応のサービスをご提供しております。当社が構築したシステムが、お客様のROI向上に繋がると共に、エンドユーザへの対応の質を高めることが実現できます。